本文へ移動

若久病院の特徴

院長あいさつ

 若久病院は80年以上の歴史を持つ精神科病院です。様々な時代の出来事を経験して来て精神医療の大切さと難しさを学んで来ました。

 生きる事は良き事であり、また困難を伴う事です。その困難の中で病を得た人達の力になる様にと日々臨床に携わっています。

 オーソドックスで当たり前の丁寧な臨床を目指しています。医療と言うのは総合力です。医師・臨床心理士・看護師・作業療法士、精神保健福祉士・薬剤師・検査技師・管理栄養士・調理師・受付・事務・営繕・保清係等全ての人の総合力だと思います。

 建物が古い事等まだまだ不足の所が多いのですが、皆で補い合い工夫して行くつもりです。歴史的にケースワークや精神科リハビリテーションに力を注ぎ実績を残して来た病院です。皆様との良いめぐり合わせが有ります様にと願っています。

病院理念

    新館建設工事前の本館
 若久病院は昭和8年の開院以来、福岡市南区若久の地で、精神障がい者の方々の治療と地域に密着した病院づくりに励んでまいりました。

 近年、精神保健福祉および精神障がい者に関する法律施行等により、精神医療や看護のあり方も大きく変わっています。加えて、急速な高齢化や健康保険法改正など医療自体をとりまく環境も様変わりしています。

 また、さまざまな問題を抱える環境の中で大きなストレスを感じながら生活する人々も少なくありません。

 こうした時代背景の中にあっても、当院の診療理念 「精神障がい者とその家族の立場に立って、心の通った医療を行う。」は変わりません。

 ひとりひとりの患者さまがどんな問題を抱え、どんな症状に悩み、治療を必要としているか。その患者さまのご家族はどうなのか。スタッフひとりひとりがプロとして、患者さまとそのご家族を理解し、信頼しあえる人間関係を築き、よりよい医療に努めていきたいと考えています。

病院沿革

昭和8年5月九州脳病院として今任守助により開院
  初代院長 山本哲二郎 就任
 9年4月2代目院長 御厨巌 就任
 10年7月宮崎市福島町寺山に行政の依頼により
宮崎脳病院を開院
 12年12月今任守助逝去に伴い開設者、今任守弥へ変更
  26室79床へ増床
 17年4月3代目院長 望月正迪 就任
 19年1月


4代目院長 中野克己 就任
 10月5代目院長 山崎達二 就任
 21年3月6代目院長 渡辺 元 就任
 22年4月今任守弥逝去に伴い開設者、今任準一へ変更
  7代目院長 今任準一 就任
  8代目院長 西岡徹二 就任
  9代目院長 今任準一 就任
 26年1月精神科若久病院 と改称
 5月33室79床へ変更
 10月宮崎分院 宮崎精神病院 と改称
 27年8月医療法人(社団)慈光会 創立 
理事長 今任準一 就任
  37室85床へ増床
 28年5月49室123床へ増床
 29年7月結核予防法指定病院承認
 30年9月病床57室結核病床20床、精神152床へ増床
33年7月65室結核病床20床、精神180床へ増床
 37年2月68室結核病床20床、精神192床へ増床
 38年2月77室結核病床20床、精神260床へ増床
 43年5月宮崎分院 宮崎若久病院 と改称
 12月97室結核病床30床、精神340床、計370床へ増床
 62年9月10代目院長 高松勇雄 院長就任
平成1年4月結核合併に伴い廃止し精神370床とする
 3年4月60周年記念事業として北館棟落成
 8年4月精神障がい者グループホーム「若久荘」開設
 9年12月11代目院長 有髙謙一 院長就任
院長 高松勇雄名誉院長就任
 10年12月有髙謙一 慈光会理事長兼務、今任守一 会長に就任
 17年6月精神科若久病院を「若久病院」に改称
 19年5月12代目院長 前田久雄 院長就任
 25年4月13代目院長 野見山晃 院長就任
前田久雄 名誉院長就任
令和1年10月野見山晃 慈光会理事長兼務

病棟紹介

 若久病院はメインとなる本館とデイルーム等を備える南館棟、デイケアホール等を備える北館棟から成っています。

入院病棟(370床)

■包括病棟
【第1病棟 40床 精神科急性期治療病棟1 (男女混合閉鎖病棟) 
 精神科急性期治療病棟(1)と医師配置加算を届け出ており、精神疾患者の早期退院を目的に療養治療を行う病棟です。新規入院患者の6割以上が3ヶ月以内に退院(在宅へ)できるよう治療を行うことが義務付けられています。
 また、当該病棟の入院患者の4割以上が入院3ヶ月以内であることと規定されています。
 そのために人的基準が厳しく設定され、病院全体で精神保健指定医が2名以上いて、当該病棟の医師は、入院患者16人に1人以上。看護要員(有資格者)は、常時、入院患者13人に1人以上でその内の4割以上は看護師を配置しています。看護補助者は、入院患者30人に1人以上、専従の精神保健福祉士1名を配置しています。
 更に、病院全体で過去1年間、夜間及び休診日の外来対応件数が20件以上、入院受付が8件以上と定められています。
 入院料は、包括制となっており入院30日以内が1日当り2,484点+食事療養費、31日から3ヶ月以内は2,155点+食事療養費となっています。
 3ヶ月を超えると一般精神病棟と同様の出来高性となります。(医師配置加算 500点/日 含む)

【第6病棟 56床 精神療養病棟 (慢性・長期、男女混合開放病棟)】 
 精神療養病棟は、主として長期に渡り精神科病棟での療養が必要な患者の入院療養を目的とした病棟です。そのため、施設基準は、療養環境に配慮するものとなっています。
 病室の広さは、1床あたり5.8㎡以上、病棟全体の広さは患者一人当たり18㎡以上と定められています。
 従事職員に対する基準は、補助者を含んで3:1以上とされています。そのうちの有資格者も准看護師以上が5割となっています。但し、そのうちの20%は、看護師とされています。
 入院料は、包括制となっており1日あたり1,090点+食事療養費と定額制となっています。
 又、精神療養病棟重症者加算としてGAFを基準とする重症度により、1日あたり、重症者(1) 60点、重症者(2)30点が加算されます。
 更に、新規入院の方には、退院支援業務等を行うため専任の退院支援相談員が1名付き退院支援委員会を毎月開催いたします。

■出来高病棟(15:1+看護配置加算、看護補助加算30:1)
 精神入院基本料15対1入院基本料824点/日とは、平均して入院患者15人に対し常時看護職員が1名勤務しているということです。60床の病棟では、3交代で4名×3となり一日、12名以上が勤務していることになります。夜勤帯が、4名ですので日勤帯は、8名以上が勤務しています。
 又、看護師の月間勤務時間、夜勤時間に上限が定められておりそれにより病棟の看護師配置数が決まります。看護加算は、看護職のうち70%以上が正看であれば12点/日となります。
 看護補助加算は、入院患者さん30名に対し1名の補助職員を常時配置していると109点/日となります。(出来高病棟全体では傾斜配置が認められています。

【第2病棟 42床 一般精神病棟 (急性・慢性期混合、男性閉鎖病棟)】

【第3病棟 55床 一般精神病棟 (急性・慢性期混合、女性閉鎖病棟)

【第4病棟 57床 一般精神病棟 (慢性期、男女混合閉鎖病棟)】

【第5病棟 60床 一般精神病棟 (老人・内科合併、男女混合閉鎖病棟)】

【第7病棟 60床 一般精神病棟 (急性・慢性期混合男女混合閉鎖病棟)】

アクセスマップ

【医療法人 慈光会 若久病院】
〒815-0042 福岡市南区若久5丁目3番1号
TEL:092-551-2231
FAX:092-551-3192

アクセス
【電車】
西鉄大牟田線 西鉄高宮駅下車
⇒野間四つ角まで徒歩5分
⇒野間四角バス停より西鉄バス61・161番に乗車
⇒若久バス停下車

【バス】
西鉄バス:61・161番(天神大丸前バス停より)
TOPへ戻る